三田市の地域情報

( 2002年10月)
 

平成17年7月開館予定の
(仮称)三田市総合文化センター基本設計の内容が明らかになりました。
JR三田駅、市役所方面 から利便性やプロムナードの街並みに配慮し、建物は敷地の東側に配置。 最も東側のエリアは、来館者を迎え入れる広場として、武庫川堤にも連続した文化の香り高い外部空間とします。
西側エリアは利用時間の限られる駐車場以外に、ふるさとの祭典「三田祭り」や他地域との交流を図る「三田国際マスターズマラソン」をはじめとした多目的利用が可能な広場として多くの用地を確保します。
敷地面積約31,000F、延床面 積12,000Fで1,000席の大ホール、400席の小ホール、技術スタッフ室、リハーサル室、レセプションホール、市民サロン、文化情報コーナー、託児室などからなります。

外観イメージ 


地域情報トップページ 次へ 

Copyright © 2002-2004 Sanda-Sekiguchi.Com All Rights Reserved.