三田市の地域情報

( 2009年11月)
 

●三田市の平成20年度決算について

 平成20年度決算ですが、一般会計の歳入決算額379億円、歳出決算372億円、特別会計の歳入決算額174億円、歳出決算額167円となっています。また、病院事業会計に関しては、収益的収支の純損失が約10億円、資本的収支の不足額が約3.3億円という状況です。行政改革、財政面での堅実な取組みは評価でき、限られた財源の中で、無難な施策・事業を実施したと言えますが、今後、三田市としてのビジョンや独自性をどのように考えていくかが聞かれています。平成20年度決算に関する主な特徴は以下の通りです。

(1)収支調整のための財政調整基金取り崩し 4億9千万円(財源不足は2億円)
 平成19年度より改善したものの、2億円の財源不足で財政調整基金を取り崩しています。

(2)市税や交付税等の一般財源は19年度に比べて約4億1千万円増加
 平成20年度は、市民税は前年の所得税を対象に課税することから増加していますが、平成21年度以降の市民税の減少を注視していく必要があります。

(3)新行政改革プランの推進(平成19年度に対する改善効果)
 人件費削減額が1.9億円(職員給与削減:約3.4億円、団塊世代の大量退職に件う退職手当組合への負担金増:約97百万円、嘱託・臨時職員人件費増:約63百万円)、物件費削減額が約2.8億円となっています。補助費等は市民病院への医師・看護師確保対策等で増加しています。

(4)将来債務削減の取組み
 繰り上げ返済、利率変更、財政調整基金による一括償還などの方法によって、平成20年度の取組みの確定分として、将来負担22億円減額しています。

(5)地方債(三田市の借金)、及び、基金の残額
 三田市の借金の残高は平成19年度より約40億円減少し、567億円。また、基金の残高は前述の財政調整基金取り崩しなどによって、約3億円減少し、168億円となっています。



  地域情報トップページ

Copyright © 2002-2007 Sanda-Sekiguchi.Com All Rights Reserved.