せきぐちの議会報告
( 2011年12月)
 

●平成22年度 各会計別決算額(見込み)一覧表




●平成22年度 三田市決算について

 平成22年度の決算特別委員会が設置され、9月26日〜28日に企画総務・生活 文教・都市環境の各分科会で個別に審査を実施し、29日には総括質疑を行い、 可決となりました。具体的な数字については、1ページの表をご覧ください。 決算の主なポイントは以下の通りです。

(1)歳出決算規模は654億円
  平成22年度の歳出決筆順は三田市全体で654億円、そのうち一般会計は359億円、特別会計は168億円、企業会計は127億円でした。

(2)市税収入は172億円
  市税収入の決算額は172億円で、このうち、個人市民税は69億円で前年比約5億円減少し、法人市民税は阿億円、固定資産税7O億円、都市計画税12億円、その他市税7億円となっています。

(3)三田市全体(一般・特別・企業会計)の債務(借金)の残高は851億円
  一般会計に特別会計(下水道事業・駐車場事業)と企業会計(水道事業・病院事業)を合わせた三田市全体の債務残高は、約8引億円となり、昨年度より約34億円減少しました。

(4)基金(貯金)の残高は159億円
  三田市全体の基金(貯金)の残高は昨年とほば同じ159億円で、その内訳は、財政調整基金36億円、減債基金14億円、庁舎整備基金55億円、ニュータウン基金20イ意円、公共施設等整備基金13億円、その他特定目的基金20億円となって

(5)新行政改革プランの効果額
  新行政改革プランの効果額は昨年より2億6千万円増加しています。内訳は内部管理経費の見直し、旅人の確保等による効率化が1.5億円、職員の人件費等に関する適正化が8,000万円、市民の負担、サービスの見直しによる協働化か1,800万円となっています


さらに詳しくお知りになりたい方は下記で過去の議事録の検索ができます。
三田市ホームページ:三田市 議会 会議録検索システム

議会報告TOP  


Copyright © 2011 Sanda-Sekiguchi.Com All Rights Reserved.