せきぐちの議会報告
( 2018年4月)
 

●平成29年度 兵庫県予算について

今回の定例議会では、平成30年度の当初予算案が審議・可決されましたが、行財政構造改革の着実な実行、兵庫の新時代を切り拓く」施策の推進、事業の「選択と集中」の徹底、国の動向の適切な反映、市町との連携・協調の推進、働き方改革による効率化、通年予算の編成を予算編成の基本方針として編成されました。
1.予算規模
一般会計は1兆8,880億円、特別会計1兆5,476億円、公営企業会計2,782億円、合計3兆7,138億円の予算規模となつ新たに国民健康保険特別会計5,085億円が創設されました。
2.県債及び基金
県債の発行額は2,078億円、県債残高(今後、金融機関に実際に償還すべき残高)は、4兆8,285億円となっています。また、基金の残高は5,058億円で、基金の活用額としては、1,267億円が計上されています。
3.県政の重点施策
県政の重点施策は5つの柱からなり、I.新時代の兵庫づくり(県政150周年記念事業の展開)、II.安心できる社会づくり(子育て環境の一層の充実、健康長寿社会に対応した医療・介護の充実、誰もが活躍できる社会の実現、地域の安全安心の確保)、III.次代を担う人づくり(学習・教育環境の充実、感動体験を通じた人づくり)、IV.元気な地域づくり(定住カムバックの促進、働く場の充実、地域産業の活性化、農林水産業の基盤産業化、兵庫ブランドの育成、交流の拡大、芸術文化・スポーツの振興、ふるさと兵庫の魅力再生)、V.社会基盤の充実(防災・減災対策の強化、エネルギー・環境対策の充実、交流・生活基盤の整備、地域自立の推進)に関して、さまざまな事業予算が計上されています。


さらに詳しくお知りになりたい方は下記で過去の議事録の検索ができます。
三田市ホームページ:三田市 議会 会議録検索システム
兵庫県 会議録検索システム

議会報告TOP  


Copyright © 2002-2018 Sanda-Sekiguchi.Com All Rights Reserved.