せきぐちの議会報告
( 2016年1月)
 

●平成26年度 兵庫県の各会計別決算収支の状況




●平成26年度 兵庫県決算について

 兵庫県議会では平成26年度の決算特別委員会が設置され、7つの常任委員会毎に審査され、可決となりました。具体的な数字は上の画像をご覧ください。決算の主なポイントは以下の通りです。

1.一般会計
  歳入の総額は1兆8,991億円で、総額では前年度を667億円下回りました。歳出の総額は1兆8,926億円で、社会保障関係費が142億円の増となりましたが、他の歳出が減少したため、総額では、前年度を679億円下回りました。

2.特別会計
  特別会計の歳入総額は1兆4,371億円、歳出の総額は1兆4,296億円で、特に公債費管理特別会計において、満期一括償還債の償還増により償還元金が1,815億円増加となりました。

3.企業会計
  収益的収支では、収入が1,555億円、支出が1,607億円と約52億円の赤字、資本的支出では、収入が472億円、支出が727億円で255億円の赤字となっています。

4.県債
  県債発行額は1,284億円、平成26年度末での県債の残高は震災関連で5,303億円、今後、金融機関等に償還すべき残高は4兆6,342億円にも達しています。

5.募金
  一方で、募金繰入金は、678億円で前年度に比べて73億円の減、基金残高は4,340億円と前年度の6,582億円から大幅に減少しました。

以上から借金を増やしながら、貯金を取り崩して、何とかやりくりをしている状況で、兵庫県は引き続き厳しい財政状況にあると言えます。一層の行財政改革が必要と考えています。
さらに詳しくお知りになりたい方は下記で過去の議事録の検索ができます。
三田市ホームページ:三田市 議会 会議録検索システム

議会報告TOP  


Copyright © 2002-2016 Sanda-Sekiguchi.Com All Rights Reserved.